建設業許可・更新・変更の手続きは、
神戸三田建設業許可サポートオフィス
(行政書士 三入法務事務所)にお任せください。

当事務所は、建設業許可申請を取得したい個人・法人の建設業者の方を対象に、許可取得のお手伝いをさせていただきます。

建設業許可を取得しますと、以下のようなさまざまなメリットがあります。

500万円以上の工事を受注できる
500万円以上の工事(建築一式工事については木造住宅工事以外では1,500万円以上、木造住宅では延べ面積が150㎡以上の工事)を請け負うことができるようになります。
これにより金額的な制限が取り払われるので、より自由な営業活動が可能になります(「特定建設業許可」「一般建設業許可」の区分による制限はあります)。


対外的な信用度の向上
建設業許可は社会的認知度が高く、また、行政から与えられる許可のため、「許可業社なら安心できる」という発注者の意識が働き、自社の信用度の向上につながります。

融資申請に有利になる
公的融資制度などでは、許認可業種の場合には許認可を得ている事が融資の条件となっていることが多いため、効果的な資金調達が可能になります。

公共工事受注が可能になる
公共工事の元請となるには、たとえ軽微な工事のみを受注する場合であっても、建設業許可を取得したうえで、経営事項審査を受けなければなりません。
建設業者の中には、継続的に公共工事を受注して販路を拡大している業社が多数存在します。


国土交通省が元請業者に対して、公共工事では下請業者・孫請業者まで許可業者を使用するよう指導していることもあって、元請業者では新規の下請業者・孫請業者に対しては、まず許可を取得しているかどうか確認することが多いようです
建設業許可を取得している場合にのみ、仕事を発注する元請会社も増えてきており、建設業許可があるかないかは受注にも影響します

当事務所では、建設業許可申請を代行することによって、皆様の手間・時間の節約をお手伝いいたします。


ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

☎078-959-5750 担当:三入(さんにゅう)



このページの先頭へ